6/20早朝

猛烈に曲を作りたい、時間はないようである。しかし気力がない。

毎日毎日仕事で脳がすり減っていく、しかしそれ以上に貴重な20代の時間を掠め取られている感覚がある。同世代のトラックメーカーは本当にすごい。落ちこむ。

 

日々、アーティストでありたいと思うのだけども、自分が何を面白いと思って音楽をやって行くのか指針が立たないことは本当に不幸な状態だ。ただ表現を探求しているだけではダメなのだ。

 

DTMは自分との戦いだ。仕事ではない自己表現の作曲は本当に戦いだ。これは本当に面白いのか?自分がやりたいことなのか?自分は何者なのか?本当に鬱になる。

だからこそ、自分では到底思いつけない他人の音楽は心から気持ちがいいと思うんだろう。

海外の彼、地方のあの人も同じように悩んでるとしたらそれは希望だと思う。

 

夏にはEPを出したい。絶対出したい。

 

広告を非表示にする